自動車販売会社

自動車販売会社 | ZONE D

面検知による侵入者検知

従来の検知方式

今までは赤外線センサーによる線検知方式で誤動作や突破されやすいというデメリットがありました。
しかもカメラによるプリセット追尾では、外周部のみの追尾しかできず、敷地内に入りこまれた場合の対応が困難でした。

ZONE Dの場合

これに対して、レーザーエリアセンサは、面検知によるエリアを作成して侵入検知を行うため入口の突破だけでなく、敷地内に入ってからも侵入検知ができます。
これにより、今まで、被害に遭っていた乗り越えや匍匐(ほふく)前進等による侵入にも対応。さらに侵入者を認識して、自動的に追尾するシステムにより、防犯制御が飛躍的に向上しています。

導 入 実 績

自動車販売ディーラー A社様

導入前

展示車の盗難やイタズラを防ぐ為、防犯カメラの設置をするか悩んでいた。

導入後

敷地への侵入者を自動追尾、音声による威嚇などで、導入前に比べ防犯対策が充実した。

自動車販売ディーラーB社様

導入前

防犯対策として防犯カメラは設置していなかったものの、積載車両を導線に停めるなど運用面での対策は講じていたが、新車・中古車併売店にて中古車の盗難被害に遭った。

導入後

徹底した自動ズーム・自動追尾機能の活用等により、現状被害には遭っていない。

自動車販売ディーラーC社様

導入前

人通りの少ない地域に立地する店舗であったため、預かり車両のイタズラや、ナビ盗難が心配だった。また、お客様からお預かりしている大事な車両は、メインの通りから死角になっており、外周警備の必要性を感じていた。

導入後

段階を分けた自動威嚇(最初から侵入者と決め付けず、照明、女性アナウンスそして、警報を発信)や自動追尾機能を積極的に活用している。