バス用 シートベルトモニタリングシステム(SBMS)

バス用 シートベルトモニタリングシステム(SBMS)

バスの客席シートベルトにセンサーを設置し、装着状況をモニター上で確認するシステム。
未装着の場合、客席で警告ランプが点灯し、乗客に対して視覚的に装着を促す事が可能。

販売元:株式会社デンソーソリューション
製造元:株式会社ヴィ・クルー

  • 商品特長
  • 構 成
  • 仕 様

商品特長

  • POINT1乗客に対して着用を促す事が可能

    警告ランプがシートベルト着用を促進します。

    ベルト未装着状態
    ベルト未装着状態
    ベルト装着状態
    ベルト装着状態
  • POINT2効果的な「シートベルト着用アナウンス」が可能

    運転席のモニターでお客様のシートベルト着用状態が確認出来る為、ドライバーの確認の負担を減らし、より運転に集中して頂けます。

  • POINT3安全運行をアピール可能

    安全性向上による集客ができ、イメージアップにもつながります。

  • POINT4各席の着用状況を記録可能(オプション)

    日時、場所、各席のシートベルト装着状況を記録し、万が一の際に役立ちます。

バス用 シートベルトモニタリングシステム(SBMS)比較

シートベルト向け製品比較表

メーカー 本製品 純正OP品
写真
販売形態 後付け 新車
モニター表示 表示あり(市販モニター入力/別売) 表示なし
警告ランプ 頭上網棚取付け 座席埋込
GPS あり(オプション) なし
データ記録 あり(オプション) なし
センサー通信方式 有線 有線
取付条件 12V/24V兼用、2点式/3点式兼用 3点式シートベルトOPのみ
その他 ACC/ONで常時作動。
不用時は「全消灯ボタン」で消灯可能。
全消灯の際も、装着状況記録可能。
運転手がボタンで電源ON後、
5分間点灯。

バス用 シートベルトモニタリングシステム
(SBMS)製品構成

構成品

  • メインコントロールBOX 1台
  • ランプ・センサーユニット(取付け座席数)
  • ハーネス類(取付け座席数)
  • エビデンスオプション

システム構成

システム構成

取付けイメージ

  • メインコンソールは運転席周辺に設置
  • ランプハーネスは網棚上に配線
  • 配線はコネクターで延長接続
  • 配線はモールで保護
  • ランプを網棚へ穴あけビス留めにて設置
  • センサーハーネスは窓側にモールで配線
  • センサーを各シートベルトへ固定
  • オス側にマグネット取付け

仕 様

主要商品

T-SBMS

型式:T-SBMS

項 目 仕 様
製品型式 T-SBMS
定格電源 DC12V-24V
保存温度範囲 -30℃~80℃
作動温度範囲 -20℃~70℃
最大消費電力 168W (24V、45席取付時)

取付部品

製品写真 製品名称 各部の働き
ランプユニット ランプユニット 各席に1つ使用します。
シートベルト着用時は「消灯」
シートベルト未装時は「点灯」
ランプ色は「橙色」になります。
センサー及び基板ケース センサー及び
基板ケース
各座席に1つ使用します。
センサーはシートベルトのバックルに取付ます。センサーの基板ケースは座席奥に貼り付けて固定します。
終端抵抗 終端抵抗 ランプ・センサーをコネクターに差し込んでいった際に、最後の所に取り付けします。 取り付ける事でノイズ発生を抑える効果があります。
コネクター コネクター 各座席の列毎にランプ・センサーを差し込む際に使用します。
コントロールBOX コントロールBOX 本製品の心臓部になります。 内部にはパソコンと同様の機器が組み込まれています。 最後の設定もこのBOXによって行われます。
中継ケーブル 中継ケーブル 各列毎を繋ぐ通信ケーブルです。
マグネット マグネット 各座席のバックルに指定接着剤で固定します。
このマグネットとセンサーが感知し合う事で着用状況を判断します。
ケーブル抜け防止金具 ケーブル抜け
防止金具
コネクターにケーブルを接続した後に抜け止めのために使用します。
全消灯スイッチ 全消灯スイッチ
(モメンタリタイプ)
※推奨
運転手の判断で客席のランプを一時的に消すことができます。
※オルタネイト式の場合はスイッチを戻さない限り消灯状態が継続されます。
エピデンスパッケージ エピデンス
パッケージ
[オプション]
座席毎のシートベルト着用状況を常時監視しログを残す機能です。
GPSユニットとSSDのセット提供になります。