バス用プラズマクラスターイオン発生機

  • 画像:特徴は
  • 画像:設置効果(イメージ)
  • 画像:仕様・車格別適用表
  • 画像:よくある質問

バス・送迎車両用プラズマクラスターイオン発生機とは 

シャープのプラズマクラスター技術を搭載したイオン発生機で、観光バスや路線バス、マイクロバスなど送迎車両の室内の空気を、効果的に浄化することができます。

画像:バス・送迎車両用プラズマクラスターイオン発生機とは
画像:バス・送迎車両用プラズマクラスターイオン発生機とは

路線バスへの取付例

画像:バス・送迎車両用プラズマクラスターイオン発生機とは

約3倍のイオン量*1

現行品(BPC-2X)と比較して約3倍のイオン量を放出することにより、本製品が装着された観光バスや路線バスなどの大型車両内の空気を、より効果的に浄化することができます。

※1 イオン量は現行品(BPC-2X)とパワフルタイプ(BPC-3X)を比較したもの。静音タイプ(BPC-4X)は現行品の約1.6倍

バス用プラズマクラスターイオン発生機紹介動画(5分16秒)

プラズマクラスターによる空気浄化メカニズムイメージ 

*自然の力を応用した作用抑制メカニズム

発生したプラズマクラスターイオンは空気中に浮遊する菌などの表面でプラスイオン(H+)とマイナスイオン(O₂−)が結合し、OHラジカルに変化します。
非常に酸化力の強いOHラジカルは、主にたんぱく質で構成されているカビ菌や菌などの表面から水素原子(H)を素早く奪い取ることで、その作用を抑制。
OHラジカルは奪い取った水素原子(H)と結合し、反応後は速やかに水(H₂O)となって空気中に戻ります。また、プラズマクラスターは「+」と「-」両方の静電気を除去できるので、花粉や微小な粒子が壁などへ付着することも抑制します。

画像:バス用プラズマクラスター発生機 設置例(大型バスの場合)

画像:プラズマクラスターによる空気浄化メカニズムイメージ プラズマクラスターについてのご紹介はこちら
https://jp.sharp/plasmacluster/

プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterは
シャープ株式会社の登録商標です。