バス用プラズマクラスターイオン発生機

バス用プラズマクラスターイオン発生機とは 

バスの中に浮遊するカビ菌の作用を抑制し、空気をキレイに保ちます。

画像:バス用プラズマクラスターイオン発生機とは

※<浮遊カビ菌>●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:8畳相当の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。(プラズマクラスターイオン濃度7,000個/cm³)
■試験結果:約195分で除去率99%●実際のイオン個数や除菌効果は、車室内の状況(広さ・形状・エアコン・換気などの有無など)や使い方(運転モードなど)によって異なります。試験結果は、実空間での同様の結果を保証するものではありません。

プラズマクラスターイオンとは 

自然界にあるのと同じ+と-のイオンをプラズマ放電により作り出し放出することで、浮遊カビ菌を分解・除去する空中浄化技術です。

画像:プラズマクラスターイオンとは

●実際のイオン個数や浄化効果は、車の室内の状況(当商品の設置場所、エアコンの風量、換気、広さ・形状など)によって異なります。

バス用プラズマクラスター発生機 設置例(大型バスの場合) 

画像:バス用プラズマクラスター発生機 設置例(大型バスの場合)

■車両メーカ・車型・車種により、取付ができない車両があります。 ■取付部材・取付工賃が別途必要となります。
■ブロワモータ寿命は約10,000時間です。継続してご使用になる場合は、別途ブロワモータの交換が必要となります。

[商品のご使用について]

  • ●医療用具ではありません。衛生安全管理上の事故について保証するものではありません。
  • ●微量のオゾンが発生しますが、森林などの自然界に存在するのと同程度の量で健康に支障はありません。
  • ●イオン個数や浄化効果は、車の室内の状況(当商品の設置場所、エアコンの風量、換気、広さ、形状など)によって異なります。

バス用プラズマクラスター発生機 仕様 

電源電圧 DV24V/DV12V
消費電力 6W以下
風量 20m³/h
プラズマクラスターイオン発生装置 シャープ製(針放電方式)2基
本体寸法(mm) 高さ51×幅461×長さ251(mm)
本体重量 約1kg
イオン濃度 7,000個/cm³
装着台数 マイクロ、小型バス:2基 中型~大型バス:3基

※イオン濃度7,000個/cm³は、装置吹き出し口より1mのイオン個数の目安です。

当商品には、浮遊カビ菌などを分解・除去する機能はありますが、これによって無菌状態が作られるものではなく、感染予防を保証するものではありません。