高速道路向け立入逆走検知システム

高速道路向け立入逆走検知システムとは

高速道路出口部に設置したレーザーセンサーで、侵入する人や自転車、逆走車両を検知し、自動的に音声で警告( 図1) 。同時に、高速道路管制室に通知します( 図2) 。管制室では、立入、逆走発生場所の映像を確認( 図2) し、スピーカーを通じ係官が遠隔で警告( 図3) することが可能です。

システム作動イメージ

高速道路,逆走検知,警告,システム

高速道路向け立入逆走検知システム機器構成の一例

高速道路,逆走検知,警告,システム

レーザーセンサーの特長

自動車部品で培ったデンソーのセンシング技術で開発した信頼性の高いレーザーセンサーです。
広範囲( 半径30m) を面でカバーし、侵入方向の識別も可能であるため、立入や逆走車両のみの検知が可能です。

設置 路肩外への設置が可能で、取付も容易
・路肩外設置のため機器設置やメンテナンス時の車線規制が減少
・危機落下時のリスクが軽減
設計 検知エリアのカスタマイズが可能
保守/運用 自己診断機能により、異常通知が可能
耐環境性 レーザーを使用するため、目で見えにくい環境(雨・霧・暗闇)でも性能確保

高速道路向け立入逆走検知システムの設置例

高速道路,逆走検知,警告,システム

その他の応用例

レーザーセンサーは人と車を識別して検知できるため、高速道路入口に設置すれば、侵入する人に自動で音声警告すると同時に、高速道路管制室への通知が可能です。

高速道路,逆走検知,警告,システム
Contact
お問い合わせ先
お電話でのお問い合わせ

(販売元)
株式会社デンソーソリューション

03-6367-3766

受付時間/10:00~18:00(土日・祝日除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム >