デンソーソリューション所属アーチェリー早川漣 全日本選手権9年ぶりV

アーチェリー早川漣 金メダル獲得

 

アーチェリー全日本選手権が10/30(金)〜11/1(日) 、愛知県・岡崎市龍北総合運動場で行なわれ、
デンソーソリューション所属の早川漣選手が出場。感染症対策を十分に取り無観客で行なわれた久々の大会で、
早川選手が接戦を制し9年ぶり3度目の金メダルを獲得しました。

 


■予選ラウンド(10/31)

女子67名が出場した予選ラウンドは72射の累計得点で順位が決まる方式。
早川選手は656点3位で通過。
(1位:662点 中村美樹/ハードオフコーポレーション、2位:657点 園田稚/都立足立新田高校)

 

■決勝ラウンド(11/1)

32名が予選を勝ち抜き、6ポイント先取で勝利が決まる1vs1のトーナメント方式。
1回戦では上原瑠果(同志社大学)にシュートオフ(サドンデス方式の延長戦)の末、辛勝。
続く2回戦で冨樫郁奈(近畿大学)に7-3、準々決勝では入江優(淳風会健康管理センター)に6-2、
準決勝では園田稚(都立足立新田高校)に7-3で勝利。
決勝では杉本智美(ミキハウス)をフルセット6-4で下し、9年ぶり3度目の全日本選手権制覇。

右肩痛に耐えながら満身創痍の大会でしたが、優勝者インタビューでは
「応援してくれた仲間たち、無観客試合でもメッセージを送ってくれたデンソーソリューション、
デンソーグループの皆さんに本当に励まされました。これからも明るく、楽しく、元気よく頑張ります!」と仲間への感謝を口にしていました。

 

早川選手は今後、11/13-15に静岡で行なわれる21年日本代表選考会 兼 世界選手権1次選考会に出場予定、
応援宜しくお願い致します。

▪︎全日本選手権リザルト
1位:早川漣(デンソーソリューション)
2位:杉本智美(ミキハウス)
3位:園田稚(都立足立新田高校)
4位:杉林りな(サンメッセ)
5位:中村美樹(ハードオフコーポレーション)
6位:入江優(淳風会健康管理センター)
7位:小野寺まどか(近畿大学)
8位:西嶋詩織里(丹南高校)

http://www.archery.or.jp/wp-content/uploads/2020/08/RC.pdf

※アーチェリー個人戦ルール
1対1で行われる決勝トーナメントでは、1射ずつ交互に射ち1マッチ6ポイント先取で勝利。1セット3射30点満点で得点の高い選手に2ポイント、引き分けの場合は各1ポイント。最大5セットまで行い勝者が決定。同点の場合は1射ずつのシュートオフで勝敗が決まる。


<お問合せ・取材依頼はこちらまで>

株式会社デンソーソリュ-ション

経営企画部 人事室  広報・CSR推進課  有賀

TEL   : 03-5478-7505
Email: yasuaki.ariga.j8f@denso-solution.com